こんな釣りはいかが?
ハゼ釣りのメッカ・江戸川放水路!初心者、家族連れにオススメ。
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、ぶんぶんです。

ハゼ釣りのメッカとも称される「江戸川放水路」。色んな釣り方でハゼを狙うことができる釣り場です。釣り初心者や家族連れの方にもオススメ!

江戸川放水路の紹介

江戸川放水路は千葉県市川市にあるハゼ釣りの有名ポイントです。江戸川の河口近くに位置しており、ハゼを捕食するシーバス(セイゴ)なんかも狙うことができます。

江戸川放水路。青い橋は東西線が通る。

最寄り駅の妙典駅からは徒歩10分ほどで着くことができるので、電車釣行も可能。川の土手沿いにはトイレも完備されています。

トイレがあるのはありがたい

いくつか近場に駐車場もあり、土手沿いはバーベキュー場としても利用できるため、行楽シーズンには多くの人で賑わう場所です。潮干狩りをしてる方も多く見受けられます。

写真の奥側が江戸川河口域

江戸川放水路でのハゼの釣り方

江戸川放水路で狙いたいメインターゲットはやはり「ハゼ」。いくつか狙う方法があるのでそれぞれご紹介しますね。

陸から狙う

まずスタンダードに陸から狙う方法。水深もあまりないので水に入って狙うこともできますが、牡蠣殻が足元にあるので裸足は厳禁です。スパッと切れます。

牡蠣殻に注意
全体的に泥質の底

川沿いが全体的にポイントではありますが、なるべくハゼにプレッシャーを与えない長めの延べ竿を用いたほうが釣りやすいです。延べ竿ならば、5mくらいのもので良いと思います。

川沿いはすべてハゼ釣りポイント

橋脚の下に人が立っているのが分かりますが、潮が引いた状態ではあの辺まで余裕で歩いて行くことができます。The・遠浅ですねー。

なもんで、僕が個人的にオススメするのは延べ竿ではなく「ちょい投げ」。10mくらいピュッと投げてじっくり広く探ったほうが釣果は伸びると思います。オモリは3号程、エサはやっぱりイソメがベストです。

もしくは今流行中?のハゼクランク(ルアー釣り)でも十分良いと思います。ハゼクランクの場合はルアーが底を這うように引いてこれることが絶対条件ですので、水深が浅い場所でないと通用しません。その点、江戸川放水路はハゼクランクに適した場所と言えます。

僕も試しに1時間程度ハゼクランクをやったことがありますが、5匹釣ることができました。(もうちょい釣りたかった・・・)ゲーム性を求めるのであればハゼクランクも全然アリです!

釣果が一番上がったのはエサ・ルアーともに東西線が通る橋の下。橋脚を狙って仕掛けを投げ、ゆっくり手前に寄せてくる感じ。絶対に橋に仕掛けを掛けないように注意してくださいね・・・。

橋脚下まで仕掛けが届く

貸しボートに乗る

江戸川放水路と言えばボートでのハゼ釣り。いくつかボート船があるのでご紹介しておきますね。各ボート船特に値段設定は大きく変わらないので、好みのチョイスで大丈夫です。各店でエサ(イソメ)の販売があり、竿もレンタルできますので手ぶらで釣行可能です。

たかはし遊船

個人的には手前の顔出しパネルに惹かれて利用したことがあります。(単純・・・)

たかはし遊船ホームページはこちら

ボート利用可能時間:AM 6:00~PM 4:00

乗船人数 平日土・日・祝
2人乗り3,000円3,500円
3人乗り4,500円5,000円
5人乗り6,000円7,000円
8人乗り10,000円12,000円

イトウ遊船

黄色の看板が目印のイトウ遊船。受付のおばちゃんが釣りのアドバイスもしてくれます。ゆっくりできる座椅子もあってまったり釣行が可能。公式ページ内にはハゼ釣りの基本が解説されているので、初心者の方は参考になると思います。

営業時間: 6:00~15:30(桟橋帰着)

ハゼ釣りの基本

イトウ遊船ホームページはこちら

乗船人数 平日土・日・祝
2人乗り3,000円3,500円
3人乗り4,000円5,000円
4人乗り5,000円6,000円
5,6人乗り6,000円7,000円
8人乗り8,000円10,000円

僕はイトウ遊船は利用したこともあるので、その時の様子は↓の記事から。

佐野遊船

最後の1つが佐野遊船。店舗HPが無くなった?のか現地に行くまで存在に気づきませんでした・・・。料金設定は他貸しボート店と大差ない様子。

ボート利用可能時間:AM 6:00~PM 4:00
営業期間:6月〜11月

乗船人数 平日土・日・祝
2人乗り3,000円4,000円
3人乗り3,500円4,500円
4人乗り5,500円6,500円
5人乗り6,000円7,000円
6人乗り7,000円8,000円
7人乗り8,000円9,000円

ボート船の桟橋で狙う

そして最後に紹介するのがボート店の桟橋でハゼを狙う方法。メリットとしては道具をレンタル出来るので手ぶらで釣行に行けること。あとボートで船酔いしやすい方、トイレが近いほうが良い方、なんかにもオススメできます

上記の貸しボート店ならば大人1,000円、子ども500円で桟橋で釣りをすることができます。イソメ代と釣り具レンタル代含めて1人2,000円くらいですね。

意外と桟橋にもハゼは寄ってきており、足元に仕掛けを垂らすだけで釣ることができます。超お手軽に釣りに行ける&釣り方に困ったらボート店の方にアドバイスを聞くこともできるので、初心者の方にもオススメです。

スポンサーリンク

釣果を伸ばすコツ

釣果を伸ばすためにはハゼ針の大きさ選びがめちゃくちゃ重要です。

6~7月初旬までの小ハゼシーズンは小さめの針を使用してください。ハゼ針でいうと4号を目安に使用してみてください。使うイソメも小さくカットし、針よりもちょっと出るくらいの長さでOKです。

8月以降はハゼの型も良くなってくるので、6号バリなどでも良いです。むしろ小さい針を使うとハゼが飲み込んでしまい針が外れにくくなってしまいます。

まとめ

今回はハゼ釣りのメッカ「江戸川放水路」の釣り場紹介をしてみました。車・電車どちらもアクセス抜群で都心からも千葉側からも比較的すぐに着くことができる優秀な釣り場です。

初夏~秋にかけてまった~りハゼ釣りをしてみてはいかがでしょうか?

ではでは(^^♪

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事