こんな釣りはいかが?
【インプレ】ロキサーニ パワーシューターをタコ釣りに使ってみたぞ
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、ぶんぶんです。

今回はアブガルシアのロキサーニ パワーシューターのインプレでございます。このリールは僕が持っているベイトリールの中で最重量級のリールです。購入理由はずばり「タコ」。デカタコを掛けてもドラグを出さずにごり巻きできるリールを求めて購入しました。

スプール重量も実測26.5gあってゴッツい、全体的な剛性もある、最大ドラグは7kgある。タコには十分すぎるスペックを持っている予想のもと、購入してみました。

船タコでのインプレ

というわけで早速ですが、船タコでの使用を。今回は横浜金沢八景付近から出船です。当日はチャーター船に乗ってみんながアジ主体の五目釣りをする中で、僕は黙々とタコを狙います。

弁慶と合わせるとゴールド×ゴールドでかっけーな。。。弁慶はタコ釣りにはちょっと柔らかいですね(笑)しかもパックロッドだし。

タコエギは例のやっすいやつ。20号ナス型オモリにくっつける。

タコエギでボトムを確実にとって、ネチネチネチ・・・と引いてきます。とにかくボトムを切らないこと。これがタコ釣りの鉄則です。ちょっと弁慶の穂先が柔らかすぎてボトム形状がわかりにくいのが玉に瑕。

タコを2杯釣った感想

で、タコを釣ったよ~的な写真は不必要だと思うので省きますね!(写真撮るの忘れてた・・・ホントすみません)

結論から言うと2杯釣れました。んーもうちょい釣りたかった。

で、肝心のロキサーニ パワーシューターを使っての感想を簡潔に書いてみます。

  • ドラグは全く出されなかった(ドラグフルロック)
  • パワーハンドルがとにかく握りやすい
  • 剛性感はありつつもパーミングしやすい

特にパワーハンドルのグリップ感はとても良い。このリールを買おうとしている方は当たり前ですがある程度のパワーファイトを想定されていると思います。通常のベイトリールでも釣りはできるのですが、ハンドルの大きさ一つ違うだけで安心感と楽さが違います。

このタコ釣りの後にショアジギングにも使用して感じたこのリールのデメリット、それは飛距離が出ないこと。

どれくらい飛距離が出るのかと思い、試してみました。PEライン1.0号+ジグ40gのセッティングで軽く50mは出ましたが、バスワンでは70m近くは出てたはず。

まあスプールがバスワンより当然重いのでそもそもしょうがないんですけど。パワーモデルですのでここはトレードオフかと。

どうしてもロキサーニで飛距離が出したい方は互換性があるスプールに替えるなどできますが、、。それならば別のリールを買ったほうが個人的にいいと思います。

スポンサーリンク

結論

僕はこのリールは飛距離があまり求められない、かつ、リールの合成が求められる釣りに使うべきだと思います。ライトジギングなんかでも活躍してくれそう。

船釣りとナマズ機として使おう

僕としてはこのリールを今後ボート釣り・ライトジギング・タイラバをメインに使おうと思います。あと淡水ならばナマズですね。PEライン4号以上を巻いて用水路で使用する分にはとてもオススメできます。

また、金が差し色となっていてゴツかっこよく、個人的には好きなデザインです。しかも実売1万5千円以下で買えちゃうと思うのでコスパも高いリールです。初心者にも上級者にも使いやすくていい感じに所有感を持たせてくれる十分なスペックだと思います。

ではでは(^^♪

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事