こんな釣りはいかが?
シーバス釣りのルアーを解説 種類・特徴・使いどころとは?
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、ぶんぶんです。

今回は、

・シーバス釣りのルアーにはどんな種類があるの?
・それぞれのルアーでどんな特徴があるの?
・それぞれのルアーの使いどころが知りたい!

といった疑問に答えます。

さらに言うと、『最初に持っておいたほうが良いシーバスルアー3点セット』までご紹介します。

シーバスルアーの種類は豊富

シーバスルアーの種類は実に豊富。これから「シーバス釣りを始めたい!」という方は迷っちゃうと思います。僕もそうでした。

詳しく後ほど解説していきますが、今回はシーバスルアーの種類を全部で9つに大別しました。

はい、そうですね。

9種類!?いや、どんだけあるん!?

と思ったことでしょう・・・。

でもご安心ください。今回は『初心者ならばこれだけは持っておいて!』というルアーの種類を3つピックアップします。

『ド定番』シーバスルアーの種類

後ほど挙げるシーバスルアーの種類ですが、初心者がとりあえず持っておいたほうが良いルアーは以下の3つです。

・ミノー
ペンシル
・バイブレーション

この3つがあればだいたいの釣りフィールドに対応することができます。上に書いたルアーをオススメする理由は3つです。

  • 3つあると色んなレンジ(水の深さ)に対応できる
  • 自重があるので初心者でも投げやすい(飛距離が出る)

実際にそのルアーを使用してみて、『物足りなくなった』『もうちょっとこういったルアーが良い』みたいに感じてきたら新しくルアーを買い足す、みたいな流れでOKです。

余計な出費はしない。これ大事。釣りをしてると金銭感覚がマヒしてくるので要注意です。

スポンサーリンク

シーバスルアーの種類7選

では、具体的にシーバスフィッシングに使用されるルアーを7つに大別してご紹介していきます。

1. ミノー

シーバス釣りにはド定番のルアーの1つが「ミノー」です。ミノー=「小魚」という意味で、その名の通り小さな魚に似せたルアーのこと。

★ミノーの特徴★

  • 基本は「投げて巻くだけ」なので初心者にも扱いやすい
  • 「巻くだけ」でルアーが良く動く⇒勝手にアピールできる
  • ・初心者には「フローティングミノー」がオススメ

詳細に書くと「ミノー」の中にもいくつも種類が分かれます。

結論から言うと、初心者の方には「フローティングミノー」がオススメ。フローティングミノーって何?ってのは↓で解説します。

基本は3種類に分けられる

ミノーは大別すると3つに分けられます。

  1. フローティングミノー
  2. シンキングミノー
  3. サスペンドミノー

カタカナ多すぎ・・・!吐きそう!

うむ、、、その通りだ。しかし、その違いは超・シンプル。

3つの違いは水に「浮く」「沈む」「止まる」。これだけです。
◆フローティング・・・floating = 浮く
◆シンキング・・・sinking = 沈む
◆サスペンド・・・suspend = 一時停止する、止まる

つまり、

  1. フローティングミノー ⇒ 水に「浮く」
  2. シンキングミノー ⇒ 水に「沈む」
  3. サスペンドミノー ⇒ 水の中で「止まる」

ってことです。シンプルでしょ?

ちなみに、この3種類の違いは「ミノー」に限らず、他種のルアーでも出てくる違いなので、覚えておいて損はないです(^^♪

さらにミノーを分解すると・・・

さらに、このフローティング、シンキング、サスペンドの他にもミノーには種類があります。

は・・・?もういいって。

そんなこと言わず・・・。聞いてちょうだい。

上記の3種類に加えて、2種類に分けられます。

  1. リップ付きミノー
  2. リップレスミノー

これも違いは超・シンプル。「リップ」があるか、ないか、これだけです。

リップとは、ルアーに付いている「でっぱり」のこと。リップ=lip=「くちびる」の意味で、その名の通りミノーの顔についてる唇っぽい?もの。

リップ付きミノー

この「リップ」があるのがリップ付きミノー、ないのがリップレス(less)ミノー。違いはこれだけ。ね、シンプルでしょ?

リップの「あり、なし」で違うのは「ルアーの動き」。

リップ付き・・・リップが水の抵抗を受けてミノーが良く動く

リップレス・・・リップがないので水の抵抗をあまり受けず、派手なアクションはしない

リップ付きのミノーは水中映像をみると良く動いているのがわかります。

リップがないとこんな感じにバタバタと動かず「す~っと」泳ぐイメージです。

これがミノーの種類を細かく分けた説明です!

ここまで解説しておいて言うのもあれですが、先述した通り、初心者はフローティングミノーを買っておいてください。理由は後述します!

2. ペンシル

★ペンシルの特徴★

・ミノーに比べて空気抵抗が少なく、飛距離が出る

・色んな水深(レンジ)に対応できる

・あまり激しく動かないルアーなので、ルアーを見慣れたシーバスに有効

3. バイブレーション/メタルバイブレーション

★バイブレーションの特徴★

・基本は「投げて巻くだけ」なので初心者にも扱いやすい

・自重があるので飛距離が出る

・「遠く」「深い」ポイントをハイアピールで狙うときに有効

4. スピンテールジグ

★スピンテールジグの特徴★

・自重があるので飛距離が出る

・尻尾についてるキラキラしてるやつが動いてハイアピールできる

・「遠く」「深い」ポイントをハイアピールで狙うときに有効
⇒バイブレーションと似ていますが、日中使用時はよりキラキラするので有効

5. メタルジグ

★メタルジグの特徴★

・飛距離は全ルアー中で最強

・投げてもよし、水深のある堤防のキワに落として使ってもよし
⇒これを岸壁ジギング、通称『岸ジギ』と呼びます
※ジギング=「ジグ」というルアーを使った釣り方のこと。メタルジグもジグの一種です。

6. ビッグベイト

★ビッグベイトの特徴★

・「とにかくでかいシーバスを釣りたいとき」に有効

・シーバスが食べている魚が「アユ」「コノシロ」のようなちょっと大きめの魚の時はドハマりすることがある

・自重が重すぎるので、専用の竿とリールが必要

7. その他(ソフトルアー)

★ソフトワームの特徴★

・他のルアーに比べて単価が安い

・別途ジグヘッドやフックが必要

・「バチ抜け」シーズンの時はコスパ良し

まとめ

今回はシーバスルアーの種類にについて解説してみました。

ルアーの種類はたくさんありますが、あまり難しく考えず、まずは基本となるルアーを数個だけ買うのがオススメです!

何度かシーバス釣りに行ってみると好みのルアーや「ルアーに求めること」が少しずつ掴めていくと思います。『絶対に釣れるルアー』なんてこの世に存在しません。なので、その時期・そのフィールドに合ったルアーを選定するのがコツです!

シーバスルアー選びには実際に釣りに行かないと分からない部分も多いですので、まずは『基本のルアー』ミノー・ペンシル・バイブレーションから購入してみてください(^^♪

ではでは!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事