こんな釣りはいかが?
調布を流れる野川を紹介。手軽に釣りができる休日の癒しポイント。
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、ぶんぶんです。

今回は東京を流れる野川の釣り場紹介です。東京を流れる多摩川水系の野川は小規模河川で手軽に釣りができるポイントです。近辺にお住まいの方ならば散歩のついでに遊ぶことができますよ。

野川とは?

野川は東京の国分寺、小金井、調布、三鷹、狛江市を流れる小規模河川です。国分寺に源流を持ちます。

二子玉駅付近で多摩川に合流。街中を流れる小規模河川ながら釣りも可能なので、近辺の方は身近ながらあまり釣りのポイントとして認識がないかもしれません。

水深は浅く魚を目視できる

野川の水深は深くて50cm程度(降水量などで変動あり)です。親子連れの方も多く見受けれます。

基本的に川の横には歩道が続いているので、川べりまで下りて釣りをすることができます。

住宅の間を縫って流れるので、橋も多く見受けられますね。

狙える魚

簡単にですが、今回は調布市の範囲内で野川を調査してみました。狙える魚と釣り方をご紹介しますね。

コイ

初心者でも簡単に狙える魚です。食パンの切れ端をエサにする「パン鯉」で狙う人がほとんどです。とくにファミリーフィッシングでとても狙いやすく、スリリングなやり取りも味わうことができます。目視で見るとサイズもバカデッカい。

流れが急なところよりも少し止まっていて水深もあるポイントに溜まっています。

ナマズ

熱狂的なファンが多い魚、ナマズ。実は野川で狙うことができます。水深も浅いのでルアーのトップゲームがオススメ。日中に狙うならば水深が浅い川なので目視で魚が確認できます。橋の上などから探してみると意外な場所にいることも。

やはり春~秋にかけて狙ったほうがよいです。ルアーで狙うと水面が爆発するように食ってきますよ。

クチボソ

小物釣りをしていると高確率でヒットするクチボソ。野川にも大量に生息しています。小物ながらも釣り方によって釣果が変わってくるので、ある意味奥深いターゲットです。個人的にはタナゴグルテンエサが使いやすくてオススメです。

フナ

クチボソほど多くはありませんが、フナも野川で狙うことができます。サイズは小さく、クチボソと同じ仕掛けでOKです。春~秋が釣りやすくてオススメです。

注意

野川で釣りを楽しむ際の注意事項です。

基本的にリリースが前提

市のホームページを参照すると野川での釣りをすること自体はOKです。ですが、水量の関係によりなかなか魚が育ちにくい場所とのこと。生態系を守るためにも釣った魚はリリースするようにしましょう。

近隣の住宅に迷惑を掛けない

先述の通り、野川は都市の間を流れる河川です。近隣は基本的に住宅街となっています。ごみのポイ捨てや騒音をなるべく抑えて釣りをするようにしましょう。

まとめ

今回は東京都を流れる河川、野川の釣りを紹介しました。釣りをやったことがない方でもフラッと行くことができる小規模河川。親子連れの方にももちろんお勧めです。

癒しの釣り週末。野川で過ごされてはいかがでしょうか?

ではでは(^^♪

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事